6月水彩色えんぴつ教室「自転車」

広場に停めてあった自転車です。
1806自転車
何気ない日常のひとコマですね。
どなたの自転車なのかなあ。と思いつつ‥

背景から描きました。
木もそんなに主張をせず描きます。

(使用した色)
205(104),151,156,153,190,138,274,157,162(163葉の表現に使用)

6月水彩色えんぴつ教室「自転車」” への3件のフィードバック

  1. スコールが過ぎ去った後、そこへ太陽の眼差しが差し込んだところ!描かれた日常の光景ですね。無造作に置かれた自転車、まるで自転車が主役のように佇んでいます。雨が止んだところ、街が綺麗に洗い流されて太陽の光が眩しく輝き始めているかのようです。そして、今までの人生を雨が洗い流してリセットしたかのようです。さあ〜これから心新たに、頑張るぞーと言う気分になれます。素晴らしい感動を有難う御座います。

    1. 志村さま
      私は、究極の雨女なんです。何処に行ってもです。たまのスケッチツアーでも雨雲が追いかけてくると参加者の方から笑われています。でも雨が降ると嬉しくなります。素敵な絵が描けそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。