3月水彩色鉛筆教室「ポルボロン」

口どけをイメージして、ほんわりパウダー仕上げ

口の中に入れるとほろほろと溶けるクッキーです。
3回おまじないを唱えると願いが叶う「幸せを呼ぶお菓子」と言われて
いる、『ポルポロン』です。

  1. 下絵を赤などで描く。
  2. 色鉛筆で直接塗る。
  3. 筆で溶かす。
  4. 背景はパウダーで仕上げる。

point
最後に色鉛筆のパステルカラーで直接輪郭線を描いてみましょう。
イラスト風に仕上がります。

HIBIKAの『ポルボロン』です。
モチーフの注文時にしか、デパートにはいかないのですが、
久しぶりに行った梅田阪急のスイーツ売り場は、宝石箱のように輝いて見えました。
どのショーケースにも可愛いスイーツが並んでいます。
大興奮しちゃいました。
田舎者丸出しです。

今回は、この子にしよう!!と下見で決めました。
しかしあまりにもぽろぽろ崩れやすいクッキーなので
個別ラッピングバックに決めていたのですが
送付はNGということになりました。
お取り寄せも箱入りでの送付しかできませんでした。
私が、各教室に運んで参ります。

慎重にそ~っと運んでいきます。
崩れてしまう場合もありますが、ご容赦してくださいね。

(使用した色)
102,123,184,124,188(190),130(190),147(110),138,126(219),274,107
他、紙やすり・ティッシュ
背景を作るときにカラーを使っています。
お手持ちのパステルカラーがお薦めです。

ファーバーカステル アルブレヒトデューラー水彩色鉛筆 色番号表記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です