10月水彩色鉛筆教室「Persimmon(柿)」

Persimmon(柿)を光とともに描く

秋の味覚。
Persimmon(柿)です。
背景はコスモス畑のイメージで描きます。
キラキラ輝く光とともに描きました。

point
下絵を描いた後は、背景から着色します。

柿は、直接水彩色鉛筆を塗って、溶かしていきましょう。

(使用した色)
156,112,125,138,184,113(111),140,168,175,225,217,199

ファーバーカステル アルブレヒトデューラー水彩色鉛筆 色番号表記

10月水彩色鉛筆 風景画コース「薄野原」

流れる雲を描く

雲が流れる空を描きます。
その下は、薄(すすき)が続いています。

point
空のグラデーションをします。
グラデーションの後はすぐに、雲を描きます。
雲の中にも影を入れていきます。
その際に、綿棒がベストです。
細かく、しっかりと影が入ります。

また、薄は細く長くマスキングで描きます。
竹ペンをおすすめします。
細く、長く描くにはちょっとしたコツが必要です。
マスキングの使い方と竹ペンの使い方をお伝えします。

(使用した色)
110.120.157.247.151.180.187.168,184,177,137(249),168,274,275,177
綿棒お持ちください。

ファーバーカステル アルブレヒトデューラー水彩色鉛筆 色番号表記

10月 透明水彩「hikariそそぐ」産経学園

木々の中で光と色を見つける


ベルリンの写真をいただきました。
頂いた写真はグリーンの木々に覆われていたのですが、
その風景から青を感じました。
光も溢れたらどんな風かと入れています。

今回使った紙は、ハーネミューレのトルション。
久しぶりですが、やっぱりこの紙イケています。

なにせ、風合いもいいし、
リフティングもOK。
そして、いつも使っているウォーターフォードは、
すぐにカゼをひいてしまいますが
このトルションは、カゼ知らず~の超健康体。
紙の寿命がながいですね。
相当前に購入した紙ですが、まだ使えます。

すごい。
しばらく、この紙にお世話になります。

F4サイズ ハーネミューレ トルション
透明水彩

10月水彩色鉛筆教室「秋風」

秋の花コスモスと塔を描く

秋ですね。

今日は、台風が近づいてきて、お天気は悪いようです。
お気をつけてお過ごしください。

あちらこちらとコスモスの花が咲き始めました。
今回は、コスモスと塔を描きます。
マスキング効果もしっかり出していきましょう。

point
コスモスの花は、マスキングしますが、全部はしません。
手前の大きな花は、白く塗り残しをして、
空にかかったコスモスの花と
奥の小さなコスモスの花だけマスキングをします。

(使用した色)
120,152,112,157,171,110,184,123,125,133,153,107,199,177
紙やすり

ファーバーカステル アルブレヒトデューラー水彩色鉛筆 色番号表記

10月水彩色鉛筆 風景画コース「プラハの秋」

グラデーションを自在に扱う

プラハの川面のシーンです。
Blueトーンのグラデーションでベースを作ります。

point
グラデーションを4色でします。
グラデーションの上に、橋、建物、木々を描きます。
247,149,137おすすめの色です。

(使用した色)
247(151),149(110),137(249),157,191,187,102,199,274

ファーバーカステル アルブレヒトデューラー水彩色鉛筆 色番号表記


10月になりました。
後期の講座が開始されます。

色々な秋冬モチーフを考えていますので、楽しみにお待ちください。

また、10月からは、新しい講座スタートや
10月大阪GULIGULI個展と
12月東京での2人展の展示会など
たくさんの動きもありますので、
お見逃しなく!してくださいね。

コロナばかりで、参りました🏳
せめて、自分の今までした描くことや
絵を伝えていこうと
いろんなカタチでの発表の準備をすすめています。

頭がさて今日は、何をしようか?!
クルクルとフル回転で回っております。

朝早く3時半から起きて、講座の準備や作業を開始し、
日中は教室。
帰ってくれば、朝に下ごしらえした夕飯を
できるだけ夕方19時までには食事を済ませ、
22時に寝る。(寝たい。。でも無理!)

制作に疲れたら料理をしたり、
子どもたちのために食後のケーキを作ったり。
やっぱり、いくつになっても
家族の喜ぶ顔を見るのが好き。

私は朝の空を眺めて、気持ちをリセットしています。

身もココロも軽やか~でスタートします。





9月水彩色鉛筆教室「BOX Cookie」

水彩色鉛筆の得意とするモチーフ

かわいいラッピングとともに
BOXに入ったcookieを描きます。

個展の時に知り合った伊丹の「しぇあーど」さんのcookieです。
かわいい、パティシエさんが手作りしていただいています。

point
チョコチップは、クッキーの生地が濡れている間に、
水彩色鉛筆で直接描きます。

(使用した色)
102,180,177,132,192,217,188,124,172,274,123,217,191
紙やすり

ファーバーカステル アルブレヒトデューラー水彩色鉛筆 色番号表記

8月水彩色鉛筆 風景画コース「ヴェネツィアの輝き」

きらめきを表現する。 マスキングインク✖消しゴム

陽射しを受けて、水面や窓もキラキラ輝いています。

point
グラデーションの上に、建物を描きます。
輝きは、マスキングインクと
消しゴムを併用します。

(使用した色)
140,109,111,157,264,274,180,199,151

ファーバーカステル アルブレヒトデューラー水彩色鉛筆 色番号表記

8月水彩色鉛筆教室「Owl」

背景で雰囲気を作る

Owlのスカイ。
よく見るととってもかわいいお顔です。
背景は、鋭さとCoolさを演出してみました。

point
背景は、シルバー(251番)を使いました。
まだお持ちではない方は、この機会にぜひ揃えていただいてもいいかと思います。
おすすめ色です。


251番のシルバー色をマット(不透明)になるようにのせています。
目です。キラキラと描けますように。。


(使用した色)
120,102,184,274,177,180,199,251,(101,271),110
霧吹き、紙やすり

ファーバーカステル アルブレヒトデューラー水彩色鉛筆 色番号表記

☆彡8/18産経学園からスタート。
(こちらのモチーフは、8/30あいあいパーク、9/8毎日文化センター、9/9コミセンでします。8月後半はゆりが咲く丘です。)

8月20日オンライン講座「滝を描く」

滝を描くコツ

こんにちは。
お盆ですね。いかがおすごしでしょうか。

連日の大雨でお墓の掃除も行けないです。
また、コロナも猛威を振るっていますので、やはり自宅に籠っています。

さて、8月20日(金)11時からオンライン講座があります。

今回は、「滝を描く」です。
水彩色鉛筆で描く滝の描き方のコツをお伝えしながら
最近私が使っている小道具をご紹介してみようと思います。

学生時代はグラフィックデザイン学科の
イラストレーター専攻で学校での幅広い勉強や
その後は、フリーで仕事をしていたので
色々な画材を手にしていた経験も興味もあります。

また、水彩色鉛筆という画材は、師匠はいないので独学です。

そこで、過去に手にした画材と水彩色鉛筆とコラボしながら
作品作りをしていますので、今現在も新しく知識を学んだり
それをみなさんの使いやすいカタチになるように
お伝えしていこうと思っています。

今回は、「おすすめしたい色々な鉛筆」とうことで
水彩色鉛筆だけでなく他のおすすめ画材の紹介を
加えてみようかと思っていますので
ご興味ある方はぜひオンライン講座をごらんください。

滝の描くヒントだけでなく、なぜ、この滝はしぶきが上がってるように見えるか?のお話をします。
拡大してみると、こんな感じです。マスキングを使うテクニックだけではありません。

オンライン講座に慣れてなくてもご覧いただけるよう
朝日カルチャーの方が電話でわかりやすく説明頂いています。

まだ、見たことがない方は
この機会にぜひお申し込みください。

●水彩色えんぴつ「滝を描く」【オンライン講座】

8月水彩色鉛筆 風景画コース「フランスの町並み」

絵本のような町並み。フランスより

フランスにある町並み。
石造りの壁面にかわいい絵皿がかかっていました。

point
水彩色鉛筆で着色をして描いています。
今回は油性の色鉛筆で、下絵を描きました。

ホルベインOP486

(使用した色)
172,175,177,274,168,163,112,187,191,120,138,153,151,283

☆お持ちの茶色~グレー色がなくても177,274があれば大丈夫です。

ファーバーカステル アルブレヒトデューラー水彩色鉛筆 色番号表記