2月の水彩色えんぴつ教室 モチーフ

チューリップです。名前は「ジャクリーン」といいます。素敵なお嬢さんです^^
チューリップにはたくさん種類があります。その咲き方のカタチから「ユリ型」といわれる品種を
選んで描きます。
0902チューリップ2 
たまごのカタチを連想させるような花のふくらみを捉えましょう。
パウダーや霧吹きの技法を使用して、バックを描いています。

チューリップを描くときの注意点は、ただ一つ。
描き初め→デッサン→彩色としている時間でどんどんカタチが変わってきます。
つぼみだったものが、暖かい部屋で描くので、かなり変化します。
特に、今回のチューリップは、暴れますよ(笑)
日にちが経てば、花びらどころか茎もどんどん動くのです。
この躍動感が球根で育った花の力強さを感じます^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です