10月水彩色えんぴつ教室 モチーフ

おまたせしました。
昨夜、入手できました。
しば栗です。
0910しば栗

栗は、色鉛筆デッサンで仕上げる方が
質感がでます。
おおまかな形がとれましたら、

・インクが出なくなったボールペンの先
・かぎ針(レースを編むときに使用する、号数が小さなもの)
・トランサー(マストのときに使用しました)

などといった先のとがったもので、
あらかじめ溝をつくっておきます。
それが、イガのハイライトの表現となります。

特殊な画材道具「トランサー」などなくても
インクがでなくなったボールペンやかぎ針でじゅうぶん代用できます。
お持ちの方は、ご用意願います。

黄~緑~茶~紫などといった
色んな色を使っていきましょう。

バックはパウダー&スプレー仕上げです。

栗は、おひとり3個ご用意できます。
ただ、今現在での全数入荷になりますので、
10月後半が近づくと、黄緑から茶色に変化します。
イガも割れてきます。栗も飛び出してきます。
その時々で表情をお楽しみ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です