12月朝日カルチャーセンター 風景画コース

晩秋の湖畔です。
0912黄金の銀杏
手前の大木が印象的な湖畔の秋を描きます。

今回もマスキング液を若干使用しました。
使用した箇所は、空の中にある、葉っぱです。

空は、水をひいて、その後色を筆先にとって、置きました。
他の部分は、全て、色鉛筆やパウダーで色を入れてから
水筆で溶かしていきます。
黄金の銀杏003
遠くの木々は、色々な色を使用しておき、筆で溶かすときに、
丁寧に溶かして、木々の表現をします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です