1月朝日カルチャーセンター 風景画コース

山梨県忍草です。
雪が降り積もった河原を手前に富士山を描きます。
1001忍草

樹氷や河原の雪は、今回は、マスキングインクもホワイト絵の具も使用していません。
紙の白さを利用しています。
つまり、塗り残しです。

それには、今回、「色を塗る」作業にひと工夫。
樹氷の木々を描いています。

小道具を持っていきます。
それは、何かわかりますか?
「エアーパッキング」
通称「プチプチ」です。

結構、どこのご家庭でもあるものです。
廃物利用ですね。
お持ちの方は、持参下さい。

次から次へといつも画材ならぬ「小道具」です。
使用方法は、明日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です