9月水彩色えんぴつ 風景画コース「ザルツブルクの木陰で」

ザルツブルクの木陰です。
秋に差し掛かった紅葉が始まったばかりの木陰です。
1809ザルツブルクの木立
パウダー使いでの着色と葉っぱのタッチをしっかりマスターしましょう。

使用した色
184,187,107,157,199,120,249,168,138

9月水彩色えんぴつ 風景画コース「ザルツブルクの木陰で」” への7件のフィードバック

  1. suisaiiro 様
    紅葉が始まっている最中に、太陽光が地面に突き刺して、静けさの中にざわめきを感じます。また、何処かで見かけた風景が心の中に蘇ります。それは、有楽町から徒歩で日比谷公園を散歩しているとこのような光景が広がります。これから、正に東京地裁で裁判が始まり厳しい判決が下されたかの如きです。シ〜ンとしている光景からは、結審が荒れるような気配さえ感じます。最近、気がつきましたが、絵はドラマでもありますね!世論、動向、傾向、画家の人生
    、思想全てが表現されています。正に文学でもあるようですね。そう思うのは、私だけでしょうか?
    志村

  2. おかもと先生
    ザルツブルク中央駅の西口を出て、道を横断するとビルの前に緑地帯がありました。同じ高さの整然と並んだ木々が青空に枝を伸ばしていました。昔行った時の暗いヨーロッパ風の駅前がアメリカ風に明るくあっけらかんと整備されて時代の流れを感じました。さわやかな秋の絵をありがとうございます。

  3. Hello Suisaiiro.

    Thank You. Helsinki is sea town, meaning that it has long coast line. When remembering which You have made, I decide first show You some scenes of our small old towns. They have also on our coast line. -I find then very picturesque.

    Hanko. It is a town of old villas:

    Hanko

    Kokkola. We took a nice walk on its street:

    Neristan Old Town in Kokkola

    Kristine town. Idyllic walk:

    Idyllic Kristinestad

    Loviisa. Nice old town:

    Old town of Loviisa and church

    Mikkeli. We lived in this town about four years:

    Summer arrived in Mikkeli

    Porvoo. Charming in winter also.

    Rauma. The town of Moomin:
    Old Rauma

    Tammisaari. Excellent for walking:

    Tammisaari

    Pispala in Tampere:

    Pispala

    I wish that Your post accepts these links. If not send me a letter:

    mattifromfinland@gmail.com

    Best regards,
    Matti

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です