4月水彩色えんぴつ風景画 「風香る」京都嵐山 渡月橋

しだれ桜は、マスキングとパウダー。
背景の山と空はにじみです。

  1. マスキングインクでしだれ桜の花びらを描きます。
  2. 背景です。水を引いて、空の色は、140と102。それと同時に桜の色を入れます。後半、山と水辺の色を入れます。
  3. 民家と橋を水彩色鉛筆(ドライ)で描きます。桜の枝ぶりも描きます。
  4. マスキングをはがし、ドライで桜の花を描きます。

point
マスキングはエアーパッキンで付けます。
花びらの微妙な感じがでます。
着色の時には、濡れているときにパウダーを撒き落としましょう。
風に揺れているように枝をしなやかに。桜吹雪も表現しましょう。

(使用した色)
102,140,119(124+101)130,132,274,157,280(177),199,278
混色のパレット(157+163)

ファーバーカステル アルブレヒトデューラー水彩色鉛筆 色番号表記

4月水彩色えんぴつ風景画 「風香る」京都嵐山 渡月橋” への1件のフィードバック

  1. suisaiiro さま
    京都嵐山!懐かしい想いがあります。小学校(尼崎市)の遠足、中学校(横浜市)の修学旅行は、京都が中心でした。その想いが、この絵を観た瞬間にその時代にワープしてしまいました。しだれ桜、川の色景色!全てがロマンを誘います。私の心は、大切な人のところへ浪漫飛行しています!Wow^_^
    志村明彦

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です