9月水彩色えんぴつ風景画コース「みすゞの見た海」

空の雲は、道具で描き分ける。

「みすゞの見た海」というタイトル。
山口県長門市にある金子みすゞ記念館は、生家があった場所です。
何でもない空の色が
なんでもなくはないと感じた瞬間、
金子みすゞを瞬間感じれた。

長門の空は大きかったなあ。
金子みすゞ記念館の帰り道でした。

  1. 空を描く。雲は3種で描きます。
  2. 奥の山を描く。。
  3. 海と砂浜と草むらを描く。

point
3種の雲
・ティッシュ・スタンプ
・ねり消しゴム
・ペン型消しゴム
それぞれの雲を描き分けるには3種類必要です。
ティッシュ・スタンプは、はっきりした雲。
薄雲はねり消しゴム。
ペン型消しゴムは、ピンポイントで消せるので小さな雲やハイライトに使います。
雲それぞれに使いわけて描きましょう。

(使用した色)
110,157,177,158,151,156,199,187,184,274
混色のパレット(157+151+219)

ファーバーカステル アルブレヒトデューラー水彩色鉛筆 色番号表記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です