12月 透明水彩「冬のはじまり」産経学園

イチョウと雪のコントラストを表現。

北海道庁赤れんが庁舎です。
時期は、少しさかのぼり11月上旬。
イチョウと雪が同時に描ける北海道です。
北海道庁赤れんが庁舎は、裏手の並木道です。

空と雪の表現は、スプレーです。
この使い方が私は大好きで、winterシーズンになると
スプレーをかけまくっています。
今回は、シュミンケとダニエルスミスの分離色も使いながら
スプレーをかけてみることにしました。

やっぱり、、、
通常のにじみだけではない表現が分離色と共に表現できますね。
ナイス分離色。

残念ながらシュミンケの分離色は、限定数があって
もう入手できないです。(つд⊂)エーン
ダニエルスミスは、ネットでも買えます。

使用したのは、
シュミンケの・グレイシャーバイオレットと
グレイシャーブルー(ここは、(ホ)マンガニーズブルーノーバでもいいだろう)
ウィンザーニュートン・NEWガンボ
ニューガンボが、色分解されてレモン色になってる。。すごいですね。

プラス一色分離色を加えることで変化します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です