12月水彩色鉛筆風景画コース「北の街」

雪を描くことを楽しむ!

季節は少し戻ります。
11月の北海道。雪と紅葉が混じる街路樹のある風景です。
楽しく、雪を降らせましょう!
水滴のスパッタリングですよ~。

この雪の表現が私は、大好きで、まさに、シーズンイン!
上手く飛ばしてくださいね!

  1. 下絵を描き、マスキングをする。
  2. 背景の色をのせて、グラデーション。雪を描く。
  3. 建物を描いた後、木を描く。葉を描き、幹を枝を着色。
  4. 人を描く。
  5. 道を描く。

point
はじめに、紙全体を筆で濡らします。
なるべく手早く、水→色→雪を描く。
色は、濃い目がいいでしょう。

(使用した色)
180,247,156,138(125+120),157,140,120,187,112,199
人物の服の色121,151など
混色のパレット(115+157+199)※必ず持ってきてください。

ファーバーカステル アルブレヒトデューラー水彩色鉛筆 色番号表記

こうやって文字でお伝えしても
なかなかうまく伝わりませんよね。
さらに講座に参加したことがない方は、???となるでしょう。

現場でライブですると、一度に伝わることがあります。
昨年の秋は、西宮阪急百貨店にてファーバーカステル社と
コラボレーションをしました。
その時は、たくさんの方がお越し頂け、
デモンストレーションをご覧いただけました。

でも今は、ちょっと難しいです。
何かいい方法は。。。

そこで、新しい講座スタイルのご提案です!

朝日カルチャーにてZOOMで講座をいたします。
詳細をご案内いたします。

ぜひご参加ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です