7月水彩色鉛筆教室「ひまわり」

黄色の花を描くコツ

夏の花「ひまわり」です。
最近では色々なひまわりの種類がお花屋さんに並んでいます。

色んな種類がある中で、今回は花の部分をクローズアップした作品です。

ここは、色鉛筆ならでは。ドライタッチで細かく描けます。

花の花芯の部分です。
ベースの茶色を溶かしますが、そこが乾く前に黄色を入れます。
今回はマスキングを使いません。
黄色の花を描く際には、背景の色もしっかり花の際まで入れます。
ベースが濡れている状態で、
花びらの黄色とベースの緑色との際を
あいまいにしながらも花びらが出てくるように描いていきます。

point
背景を作ります。
花びらの色と同時です。
塩を使います。

(使用した色)
107,109,111,170,168,112,104,153,191,192,157,177

ファーバーカステル アルブレヒトデューラー水彩色鉛筆 色番号表記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。